大混乱。

2月28日(金)

国民に不要不急の外出や大型イベントなどの自粛を呼び掛けておきながら、安倍総理の側近の総理補佐官は大々的に政治資金パーティーを開催したそうです。あまりにも身勝手であり、国民への呼びかけに対して説得力をもちません。

代議士会。本会議では来年度予算案の採決が行われますが、新型コロナウイルス感染症対策費は1円も入っていません。

政府の新型コロナウイルス感染症対策本部会議もお粗末。3人の重要閣僚が私用を優先させて欠席するなど責任感欠如が安倍内閣に蔓延しています。こうした不真面目な態度により、あらゆる対策が後手にまわっています。菅官房長官が約束した「マスク」さえ未だに入手できない状況が続いています。

総理の唐突な要請を受け、文科省が対応概要を公表しました。

さすがに今頃になって焦ったのでしょうか。昨夜、安倍総理は、唐突に全国の小中高等学校の一斉休校を言い出しました。あまりにも場当たり的であり、学校現場はもちろんのこと子どもをもつ家庭は大混乱です。学校は休校でも保育所や幼稚園は休校対象外、塾は経産省所管で経済行為だから直接的には休校を要請しない、具体的な休校期間については自治体任せ、共働きや一人親家庭、医療関係者の子どもはどうなるの?本当に意味がわかりません。安倍総理の独りよがりの決断で、事前に相談がなかった文科省や厚労省も大慌ての様子。私たち野党だけでなく、与党の国会議員にも寝耳に水であり、国会や自治体、教育委員会において丁寧な議論や万全の準備がない中での前代未聞の「政治決断」に驚いています。

木曜日の本会議では、棚橋予算委員長解任決議案、森法務大臣不信任案が採決されました。

共同会派文部科学部会。