国会閉会。

12月9日(月)

政治とカネの問題で突然辞任して以来一度も国会に来ない2人の前大臣はいつ説明責任を果たすのか。

沖縄及び北方問題特別委員会を開き、先般の首里城への委員派遣報告と閉会手続きを行いました。

 

桜を見る会に関しても、多くの国民が納得などしていないのに、我々野党が求め続けた予算委員会の開催や会期延長を、政府・与党は拒否し早々に国会を閉じました。

文部科学委員会。

野党提出「英語民間試験延期法案」は与党の反対により廃案となりました。

安倍総理は記者会見し、憲法改正について「憲法審査会の場で与野党の枠を超えた活発な議論を通じて」「必ずや私の手で成し遂げたい」と述べました。その憲法審査会では、再三発言を求めた石破茂元幹事長は、無視され続け一度も発言できませんでした。活発な議論などどこにもない。自民党には自浄作用もない。異論は徹底的に封じられ、野党の要求は無視され、どうせ国民はそのうち忘れるだろうとばかりに説明責任から逃げ続けた安倍政権。「美しい国 日本」の議会制民主主義は風前の灯です。

今国会最後の代議士会。各党派の代表から締めくくりの挨拶がありました。

各団体より要望を承りました。