勝利を信じて。

7月20日

17日間の過酷な選挙、とうとう最終日を迎えました。打越さくら候補は、細い体のどこにこのパワーがあるのかと思うほど、最後まで元気に笑顔で戦い抜きました。

2区の旧巻町出発

無名の新人、しかも落下傘というハンディを抱えながら、巨大与党の相手候補と互角に戦うことが出来たのは、権力者に屈しない新潟県民の良心と幾多の選挙で信頼と絆をつないできた野党共闘の力だと思います。

三条市総合福祉センターで個人演説会

 

 

見附アルカディアホールで個人演説会

私自身も、無我夢中で戦った最初の国政選挙のことを思い出し、初心に返ってあらゆることをやりました。スタンディング、電話かけ、街頭演説、自転車部隊。途中で、体は悲鳴を上げましたが、最後まで手を抜かずやり抜きました。

4区栃尾にて

新潟県民の良識が示され、明日はさくら満開になると信じています!

5区長岡アオーレ前で枝野代表と街宣。

五区長岡アオーレ前から。

3区五泉市で街宣。

五泉市の支援者の皆様。

加茂市スタンディングのボランティアの皆さんと。

三条市内を自転車パレード。

三条名物、カレーラーメンを食べてスタミナ十分。

最終日マイク納め