選挙という洗礼。

7月4日(木)

いよいよ参院選が告示されました。知名度のない打越さくらさん、初めての過酷な全県選挙を、果たして戦い抜けるのか、正直ずっと心配していましたが、たすきを掛けた打越さんは、まるで別人のように演説が力強くなり、言葉に魂がこもっていました。

参院選、新潟駅前にて第一声。

 

表情も晴れやかで自信に満ちていて、突き抜けた印象でした。選挙という洗礼は、人をこんなにも変えるのだと思いました。ポスターを貼ってくれる人、集会を開いてくれる人、電話かけをしてくれる人、リーフレットを配ってくれる人、本当に大勢の人たちの思いに支えられています。

ボランティアの皆さんと参院選のハガキ発送準備。

17日間、みんなの願いを一身に受け、鍛えられ、更に大きくたくましく、選ばれるにふさわしい人間になっていくと期待しています。

三条市で県央地域での街宣第一声。

アオーレ長岡も大勢の皆さんがお集まり下さいました。。

 

 

 

 

見附市のネーブル見附前から第一声。