お騒がせ大臣。

4月12日(金)

こともあろうに、「復興以上に一議員の方が大事」などと被災地を軽視するような、とんでもない発言をした櫻田オリンピック・パラリンピック担当大臣がようやく辞任しました。

本会議で立憲会派を代表して反対討論に立ちました。

 

昨年10月の大臣就任以来、「なんで自分が選ばれたのかわからない」「れんぽう」「自分でパソコンを打つことはない」「USBはよくわからない」「世界に私の名が知られた」「答弁書を間違いのないように読むことが最大の仕事」「国防省」「1500円」「がっかりしている」「話には聞いているが、読んでいない」「東北自動車道が健全に動いたからよかった」「いしまきし」と数々の失言、方言、妄言、暴言を連発してきた恥ずかしい大臣でした。安倍総理の任命責任と擁護責任は極めて重いと思います。「忖度」発言で辞任に追い込まれた塚田一郎前国交副大臣と同様に、おごり極まる安倍政権の体質はもはや隠しようがありません。

代議士会で本会議登壇の決意表明。

災害対策特別委員会。

文部科学委員会にて失言で更迭された櫻田五輪担当大臣の後任として就任した鈴木新大臣の所信を聴取。

鈴木五輪担当大臣。

文科部門、法務部門役員会。法曹養成制度改革について打合せ。

参院選に関して、地元テレビ局の取材を受けました。