前川さん。

11月7日(水)

昨夜、国会の仕事を終えて19時~文京区シビックセンターに出かけました。「これからの日本、これからの教育、文京の教育」というテーマで、前川喜平氏と寺脇研氏による講演とディスカッションが行われました。

お昼は国対役員・筆頭理事合同会議。

子ども子育てPT。幼児教育・保育の無償化についてヒアリング。

先週、主催者の「つなぐ会@文京」に参加を申し込んだところ、「すでに満員です」と断られ、がっかりしたのですが、急きょ空きが出て参加できることになったのです。

文部科学部門会議。副部会長に就任しました。

外国人労働者野党合同ヒアリング。

かつて国会の委員会の場において、わたしは質問者、前川氏は答弁者という立場でした。その時の雰囲気とは違ってなにか重石がとれたように、教育や憲法への思いを自由に話す姿が印象的でした。

同僚議員から声をかけていただき、北海道教職員組合の方々と教職員の長時間労働の解消、給特法の廃止や見直しなどについて意見交換をしました。

教育は、一人一人の学ぶ人たちのためにある。いくつになっても、どんな環境にあっても、一人一人の学ぶ権利、学習権は尊重されなければならない。まったくその通りです。安倍政権以降、憲法を軽んじ、教育勅語の復活を望むような発言をする政治家が多くなってきました。国家や権力者による教育支配が進まぬよう、厳しく注視していかなければいけません。

地元の白根土地改良区田村理事長らが上京され、要望を承りました。