ミツバチ大量死の原因とされる農薬について勉強

6月5日(水)
篠原孝衆議院議員から「ハイ、これ読んで。勉強して」と渡された本、「新農薬ネオニコチノイドが日本を脅かす」の著書、水野玲子さんからお話を聞きました。消費者問題担当のネクスト大臣として、こういうのも勉強しないとなんです。

  2009年頃から日本でミツバチが激減したというニュースをご存知の方もいると思います。ハチ大量死滅の原因のひとつと指摘されていた「ネオニコチノイド系農薬」は日本でも広く製造、販売されていて、シロアリ駆除、イネ・果物・野菜、松枯れ防除などに広く使用されています。

  欧州食品安全機関はこの農薬の危険性を認め、今年12月から使用禁止を決めました。人体、とりわけ子どもの発達・神経への影響が懸念され、日本政府もきちんと対応すべきではないか、というご指摘でした。

国体役員理事合同会議

国体役員理事合同会議

 

農水・環境・厚労・消費者合同部門会議にてミツバチ大量死の原因となった農薬の説明を聴取

農水・環境・厚労・消費者合同部門会議にてミツバチ大量死の原因となった農薬の説明を聴取

 

女性委員会で都議選への対応を協議

女性委員会で都議選への対応を協議

 

新潟県副知事から県政の課題を聴取

新潟県副知事から県政の課題を聴取