あの日を忘れない。

3月11日(日)

今日一日、テレビや新聞で東日本大震災の特番が報道され、あの日の恐怖と悲しみを改めて思い出し、胸が痛んだ人が多かったと思います。

東日本大震災から7年の11日、三条市でも福島から避難してきた人たちを中心に黙祷と献花をし、亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたしました。

わたしは、昨年同様、三条市が主催した追悼行事に参列させて頂きました。福島県から避難し、「さんじょうふくしま結の会」を結成して、地域の方々と避難者の交流を続けてきた佐竹さんは、会う度に「お蔭さまで、元気にやってます」と感謝の言葉ばかりお話しされ、原発は安全だとして推進してきた国や東電を恨むような言葉は一切聞いたことがありません。前を向いて強く生きようとするお姿に、教えられることがたくさんあります。

 

人の力で地震や津波を防ぐことはできないけれど、原発を止めて新しいエネルギー社会をつくることはできるはず。あの日を忘れないで、次世代のために絶対にやらなければいけない。その思いはさらに強くなりました。

62回目の白根県下柔道大会が南区の白根カルチャーセンターで開かれました。大人から子どもまで選手の皆さんの迫力に圧倒的されました。

 

 

長岡市栃尾の伝統行事、ほだれ祭に参加しました。五穀豊穣や子孫繁栄などを祈る栃尾来伝地区の春を呼ぶ奇祭です❗

 

 

長年の消防団活動の功績により叙勲された方の祝賀会にお招きいただきました。