国会の意義。

11月14日(火)

安倍総理の外遊により11月1日に開会した特別国会は未だに実質的な審議に入れません。そんななか、とうとう加計学園の獣医学部新設が認可されました。安倍総理のお友達が理事長で、忖度が疑われるなど特区に選定された経緯や計画内容に疑義が呈されてきたというのに、選挙が終われば何事もなかったかのように認可とは、安倍1強の驕りここに極まれり。

週末地元に戻り、新潟県平和運動センター懇親交流会に出席

三条市税理士会の皆様と面談

新聞社の取材を受けました

紅葉茶会

三条東公民館文化祭

本成寺地区作品展

本来、衆議院文部科学委員会を開催し、しっかり審議すべきところですが、与党側は従来の質問時間「与党2対野党8」の配分を「5対5」に変更するよう要求しています。これが慣例になる可能性もあり、絶対に受け入れることはできません。

見附ニットまつり

県外からも大勢のファンが来られる恒例の見附ニット祭り。

日中国交45周年記念漢詩大会

ひこぜぇん祭

石本酒造の越乃寒梅ファンクラブが長岡市で開催されました。

403号線整備促進期成同盟会総会

 

国会は野党のためにあり、野党の批判、多様な意見を受け入れて、みんなが納得できる形に仕上げていくのが国会の場なのだと、昔の自民党の先輩議員はよく言ったものです。国会の古き良き伝統、歴史までぶち壊す安倍政治のいったいどこが保守なのでしょうか。

「STOP!柏崎刈羽原発の再稼働」院内集会に参加しました。

白根郷土地改良区の要望をお受けしました。