2017年4月20日

20170420-01a

「GINZA SIX」は内装もアート

朝からニュースでも取り上げられていた本日オープンの「GINZA SIX」。高級ブランド店だけではなく、日本国内の製品や特産品を展開する商業施設です。我が新潟県からも3社が出店されているとのことで、さっそく激励に行ってまいりました。

「玉川堂」さんにて

「玉川堂」さんにて

玉川堂さんは天井や床など内装すべてが銅製!

玉川堂さんは天井や床など内装すべてが銅製!

槌起銅器の老舗、燕市の「玉川堂」さん、人気アウトドアブランド三条市の「スノーピーク」さん、魚沼新潟物産の「銀座千年こうじや」さん。外国客も多く、絶え間なくお客さんが入ってきて目を輝かせていました。伝統技術を継承しながら、現代の生活様式や人々の感性に訴える意匠の商品。そこには職人さんの技術と努力、社長さんや社員さんの渾身の情熱が込められています。

「スノーピーク」さんの店頭には移動式住居の模型が展示されていました。

「スノーピーク」さんの店頭には移動式住居の模型が展示されていました。

「銀座 千年こうじや」さんにて

「銀座 千年こうじや」さんにて

たくさんのお客さんで賑わっています

たくさんのお客さんで賑わっています

「GINZA SIX」は「ジャパンクオリティ」と特別にカテゴリを分け、ジャパンブランドの素晴らしさを世界に発信していこうとしています。新潟県の企業がその一翼を担っていることを大変誇らしく思いましたし、どんどん後に続いていってもらいたいです。忖度なくても、がんばっている!!

職人の道具はかっこいい。 これで槌起銅製品が作られていきます。

職人の道具はかっこいい。
これで槌起銅製品が作られていきます。